FC2ブログ

小樽・余市・積丹半島を行く その3

145 (400x300)
147 (400x300)
152s_20190816205623555.jpg
156 (400x300)

第1管区海上保安本部などが入る小樽港湾合同庁舎、小樽海保の大型巡視船「えさん」1700トン、尖閣警備のために開発された新鋭。一番下は遊覧船。


小樽・余市・積丹半島を行く その2

138 (400x300)
140 (400x300)
141 (400x300)
139trmng (400x292)

開建の小樽港湾事務所に行った。この事務所が明治から小樽港を建設してきた。すぐ横に防波堤に欠かせないケーソンを作る斜面がある。大正3年=1914年から2005年まで、ここで合計800個のケーソンを製作、斜面を利用して海面に進水させ、効率化をはかった。小樽港の防波堤だけでなく付近の漁港にも使われた。2009年に土木学会の土木遺産に指定されている。

小樽・余市・積丹半島を行く その1

128 (400x300)
131 (400x300)
132 (400x300)
133 (400x300)

8月上旬、札幌に住む友人の車で小樽・積丹方面をドライブした。一番上は石狩新港の空き地に荷揚げされていた風力発電のプロペラと支柱、その大きさに度肝を抜かされた。次は銭函海岸を見下ろす絶好の位置にあるホテル、色がいい。銭函駅、国道5号線の上をまたぐ札樽道。以下、順にご紹介したい。

網走に竜宮城?

002 (400x300)
004 (400x300)
003 (400x300)

夜の網走に竜宮城が出現?これは網走市エコセンターの中のレストランが、網走河畔の芝生にあつらえた木製・ネオン飾りの納涼レストラン。夏の網走に風情を添えている。

航空祭で見た航空機その3

083 (400x300)
035 (400x300)
029 (400x300)
099 (400x300)
098 (400x300)

一番上:新旧戦闘機の後ろ姿、2枚目:ブルーインパルスのT4練習機、3枚目:海上保安庁のビーチ350型、4枚目:航自のU125A救難捜索機、これがまず洋上の捜索に向かい、遭難者を発見したときに5枚目の航自UH60Jヘリが救助作業に向かう。

FC2カウンター
プロフィール

kussharo

Author:kussharo
屈斜路湖(くっしゃろこ)を中心とした道東の魅力あふれる自然と生活を、主に写真でお伝えするブログ。発信者は2006年秋からここに住み始めた元記者の「ワニ」こと二日市 壮(ふつかいち そう)。韓国に12年間もいたので韓国関連も。