FC2ブログ

港文館と赤い洋館

DSCN6346港文館TR
DSCN6381R.jpg
DSCN6379R.jpg
DSCN6382R.jpg

高い所から見下ろして目についたのが、釧路川河畔にポツンと建つ小さなレンガ色の建物。これは釧路滞在わずか76日間の石川啄木が明治41年、主筆として健筆をふるった旧釧路新聞社の建物。当時、モダンな、できたばかりの建物だったが、戦後取り壊され、それを1993年、釧路市が復元した。1階が喫茶、2階が資料室となっている。外には啄木の銅像も建っている。
だが私が気になったのは、その近くにあるとびぬけて明るい赤い屋根の洋館。どなたかの住宅と思われるが、、。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

kussharo

Author:kussharo
屈斜路湖(くっしゃろこ)を中心とした道東の魅力あふれる自然と生活を、主に写真でお伝えするブログ。発信者は2006年秋からここに住み始めた元記者の「ワニ」こと二日市 壮(ふつかいち そう)。韓国に12年間もいたので韓国関連も。