FC2ブログ

鹿も街に出てきた。

鹿も街に出てきた。鹿も街に出てきた。

 冬の間、山の中にこもっていたエゾシカたちが、川湯の温泉街に出てきた。(3月26日、川湯神社で)

スポンサーサイト

北海道も春だった。

北海道に帰ってきた北海道に帰ってきた北海道に帰ってきた

 3月24日、41日間の東京都心での生活を終えて道東に帰ってきた。川湯のこの日の最高気温はプラス2.3度、積雪は17センチ。左;雲のすき間から顔をのぞかせた屈斜路湖。中;道路はどこに行っても雪がなく、畑には青い麦が。右;網走湖の氷はもう人が乗れる厚さではなかった。

北海道に帰ってきた北海道に帰ってきた北海道に帰ってきた

 屈斜路湖は湖面の氷がほとんど溶け、岸辺には膨張してせり上がってきた分厚い氷のかけらが、厳しい冬の名残りをとどめていた。


mar20mar20

3月20日、春分の日。摩周湖(左)や屈斜路湖(右)にはまだ雪と氷があるが、どこからともなく春が忍び寄っている。

お花見、もうすぐの上野公園

上野公園上野公園上野公園

 上野の山はもうすぐお花見。ボンボリもつけられた(3月17日)。


 

上野公園上野公園上野公園

もうほとんど咲いているのが、赤い寒緋桜(カンヒザクラ)。緋寒桜ではない。

菜の花満開の浜離宮

浜離宮浜離宮

 東京・浜離宮恩賜庭園のお花畑では、いま30万本の菜の花が満開(3月17日)。

spring  お店の桜、3月8日、麻布十番。

 

花屋さんは春

春の花春の花

 東京はもうすっかり春。花屋さんの店頭。

東京の韓国文化院を訪ねた。

文化院文化院

左:東京・南麻布にある韓国大使館。右;500メートルほど離れた、やはり南麻布にある韓国民団の中央会館、ここに大使館の文化院がある。

文化院文化院

民団の韓国中央会館・別館の2階、3階に「在日韓人歴史資料館」がある。100年の歴史を後世にと2005年11月に開設された。

 

文化院文化院文化院

資料館の内部。了解を得て写真を撮らせていただきました。

文化院文化院文化院

右端はテラス。実物大のエミレーの鐘もある。

文化院文化院

8階の韓国文化院入口、ミニチュアも。

文化院文化院文化院

韓国文化院図書室の内部、右は映像室。韓国文化院は近く、四谷3丁目に新築した8階建の専用ビルに移転するので、設備、内容も一新されそう。

金を生む空地

金を生む空地金を生む空地

 東京都心の小さな空き地、そのほとんどは数年前から時間貸しの駐車場になった。大不況のいまもそれなりに利用する車がある。まさに「金を生む空地」である。配達車の荷捌きもできるが、料金が高いので利用されていない。


金を生む空地金を生む空地


停まっているのは、外車または日本の高級車。

金を生む空地金を生む空地

ここはもっと高い。いったん駐車したあと、お金を払わずに出ようとしても、地上からの突起物がひっかかって出れない。




防災体験フェア

防災体験フェア防災体験フェア

 春の火災予防運動が始まった。港区麻布十番では、3月1日、麻布消防署が防災体験フェアを開いた。子どもを中心にいろいろな体験をしてもらい、防災意識を高めようというねらい。



防災体験フェア防災体験フェア防災体験フェア

 港区の起振車による震度5弱の体験。

防災体験フェア防災体験フェア防災体験フェア


左;消火器の操作訓練、中;煙体感ハウス、右;119番通報練習



防災体験ショウ防災体験ショウ

車が衝突したときに開くエアバッグの体験。アメリカ海軍横須賀基地の消防隊も例年特別参加している。

防災体験ショウ防災体験ショウ

AED使い方実習、ハシゴ車に乗る体験。


牧伸二、健在!

十番寄席十番寄席十番寄席

 2月22日に開かれた麻布十番寄席で牧伸二の健在ぶりを見た。この十番寄席は、もともと彼が会長をつとめる浅草演芸協会から芸人が送られてくる。この日は彼がトリとあって、会場は大入り満員。ウクレレ漫談のあと彼が書いた色紙の競りも行われた。牧伸二は今年75歳、68のときに脳梗塞になったが、それを克服したという。


エプソン品川アクアスタジアム

品川アクアスタジアム品川アクアスタジアム品川アクアスタジアム

 エプソン品川アクアスタジアムに行った。品川駅のすぐそば、品川プリンスホテルの一画に2005年にオープンした都市型水族館。プリンターのエプソンが関係している。350種、1万点の魚がいる。
トンネル型通路を囲む水槽にはサメとエイが目立った。

品川アクアスタジアム

 ペンギンもいます。

品川アクアスタジアム品川アクアスタジアム品川アクアスタジアム

イルカショウ


FC2カウンター
プロフィール

kussharo

Author:kussharo
屈斜路湖(くっしゃろこ)を中心とした道東の魅力あふれる自然と生活を、主に写真でお伝えするブログ。発信者は2006年秋からここに住み始めた元記者の「ワニ」こと二日市 壮(ふつかいち そう)。韓国に12年間もいたので韓国関連も。