北海道縦横ドライブその1

2017年06月09日 18:15

170603a (400x300)
170603b (2) (400x300)
170603b (1) (400x300)
170603d (2) (400x300)

6月3,4.5日の3日間、弟子屈町のわが家と北海道南部を往復、1100キロを走った。弟子屈から登別までは道東道と道央道で、登別~ニセコ~札幌、札幌~旭川~弟子屈は一般国道を走った。道東道は阿寒まで延伸されて便利になった。一番上は十勝清水を過ぎトマムに向かって最初の山、雨雲を頂いていた。トマムは山の中に4本の高層ホテルが、空知平野に出ると道東では珍しい水田が目についた。



スポンサーサイト

北海道縦横ドライブその2

2017年06月09日 17:57

170603f (2) (400x300)
170603d (1) (400x300)
170603f (1) (400x300)

雨にけぶる登別温泉に到着。宿舎のグランドホテルは昭和天皇、今上天皇が泊まった由緒あるホテルだった。

北海道縦横ドライブその3

2017年06月09日 16:11

170604 (400x300) (2)
170604x (400x300)
170604c (2) (400x300)
170604c (1) (400x300)
170604e (2) (400x300)
niseko (400x300)
170604e (1) (400x300)

2日目、あいにくの雨、午後2時、登別を出発、ニセコ方面に向かう。伊達市の長く巨大な道央道の高架下をくぐり、昭和新山横から洞爺湖畔へ。温泉町を抜けて230号線を北上すると、サイロ展望台で洞爺湖のもう一つの角度があった。エゾヤマザクラが満開だった。留寿都村からの66号線が見つからず畑の道をたどって真狩村道の駅へ。ここ出身の細川たかしのコーナーが設けられていた。そしてすぐニセコへ。国際化した市街地には行きあたらず失望。なんとか駅の裏に出る。有島武郎記念館があった。戦前に自らの意志で土地を小作人に贈った偉大な作家。ここには失礼して国道5号線を北上。



北海道縦横ドライブその4

2017年06月09日 15:43

170604f (400x300) (400x300)
<170604g (400x300)
170604i (2) (400x300)
170604i (1) (400x300)
170604j (400x300)

上から倶知安市街地手前、後志総合振興局が置かれている町だけに整った市街地だった。さらに北上、峠を越えて下ると果物の町仁木町をへて余市へ、駅の真向かいにニッカの工場があった。日本海を左に見ていくつかのトンネルをくぐり小樽へ、真っ暗になった。札樽道には上がらずに引き続き5号線で札幌駅へ。

北海道縦横ドライブその5

2017年06月09日 15:22

170605b (2) (400x300)
170605b (1) (400x300)
170605d (2) (400x300)
170605d (1) (400x300)

3日目、晴れ、札幌から12号線で旭川に向かう。途中に日本一長い直線道路、美唄、奈井江、砂川、滝川と29.2キロ。砂川の北菓楼でお菓子を買う。にぎわっていた(上から2枚目)。滝川に入って気付くと、いつの間にか札幌方面に向かっていた。事実上の三叉路で表示がなく、戻る方向に曲がってしまったため。3枚目は旭川市内に入る。一番下は39号線、層雲峡。


最近の記事