2017年秋の東京、その10 横浜市営地下鉄

2017年10月25日 17:27

236 (400x300)
237 (400x300)
239 (400x300)
246 (400x300)

 日吉を出発した4両編成のグリーンラインは地下を10数分走り、地上区間、港北ニュータウンの「センター北駅」へ。ここで横浜、新横浜方面からの「ブルーライン」と隣り合わせの線路となり、並んで隣の「センター南駅」に到着、ここで下車した。グリーンラインは何か遊園地的だが、朝の7時台には片道18本のダイヤが組まれていた。そして日吉から鶴見への延伸が計画されている。
  一方のブルーラインは1972年開業の1号線と3号線がつながった路線で、第三軌条方式、6両編成の堂々たる地下鉄。藤沢市の湘南台から関内、桜木町、横浜、新横浜をへて東急田園都市線のあざみ野まで32駅、40.4キロを結ぶ。小田急線新百合ヶ丘まで延伸される。
スポンサーサイト

2017年秋の東京、その9、横浜市営グリーンライン

2017年10月25日 14:51

223 (400x300)
226 (400x300)
229 (400x300)
17tokyo231 (1) (400x300)

 東急 東横線日吉とJR横浜線中山13キロを結ぶ横浜市営地下鉄グリーンラインに乗ってみた。以前、私がこのあたりに住んでいたのと、鉄道ファンだからである。東横線日吉で降りようとしたが、乗った急行は菊名まで停まらなかった。引き返してみてわかった。日吉駅は地下駅になり、目黒線、以前の目蒲線がここまで乗り入れてきているため、急行停車のための線路とホームがないのだ。慶応日吉キャンパス正門を見て東横線と直角に交わる形のグリーンラインに乗り込んだ。2008年3月開業、4両連結、架空電車方式の地下鉄だが、モノレールの感覚。全駅ホームドア、下校する高校生らでほぼ満席。




韓国2014年秋 C

2014年11月24日 13:53

韓国2014年秋
韓国2014年秋
韓国2014年秋
韓国2014年秋

仁川国際空港へKTXの乗り入れが始まった。今年6月30日からで、1日7往復とまだ少ないが、ソウルより南の人にとってはソウル駅などでの乗り換えをしなくてすみ便利になった。写真は永宗島内の空港高速道路横をソウル方面に向かう列車。KORAIL空港鉄道の線路を走って、デジタルメディアシテイ駅で京義線に入り、ソウル駅の地上ホームに着いて釜山など目的地に向かう。
 3枚目は、そのソウル駅の一角にある空港鉄道の地下駅の入り口。ホームはなんと地下7階にある。重い荷物をひずって上り下りするのは大変。空港鉄道の電車は、この地下ソウル駅から地下鉄と交差しながら市街地の地下を走り、郊外のデジタルメディアシティ駅で地上に出る。



韓国2014年秋 D

2014年11月24日 13:30

韓国2014年秋
韓国2014年秋
韓国2014年秋
韓国2014年秋

 韓国のKTXの新型、KTX山川(サンチョン)号と、2004年の開業時から走っている従来のKTX(上から3枚目)との違いが、ようやくわかった。フランスTGVの技術を導入した従来のKTXが、先頭の機関車の次の車両、つまり2両目のほぼ半分が機関車の機能の延長のモーター室になっているのに対して、2009年春から走り始めたこの新型は、2両目はすべて客車になり、機関車の機能は先頭の機関車だけに収められていること、また従来型は客車の座席が固定式で、日本の新幹線0型のように半分が進行方向に後ろ向きになっていたのが、座席の回転が可能になったことだ。座席の間隔も広がって快適になった。写真はいずれも光明駅で。
 一番下は京仁線仁川駅。急行は一つ手前の東仁川止まりで、この駅には各駅停車(写真はソウルメトロの車両)しか来ないが、ターミナル駅としての雰囲気がある。来年暮れには、いま工事中の水仁(スイン)線が全通してここまで入ってくる。そうなると運行形態も変わりそう。



オホーツク海の釧網線

2014年11月04日 21:18

オホーツク沿岸走る釧網線列車
オホーツク沿岸走る釧網線列車
オホーツク沿岸走る釧網線列車
オホーツク沿岸走る釧網線列車


11月3日午後、北浜駅で。







最近の記事