FC2ブログ

大きくなった新千歳空港国際線ターミナル


DSCN3602S.jpg
DSCN3600S_20191113172054f12.jpg

ことし8月30日に拡張部分がオープンした新千歳空港の国際線ターミナル、それを初めて利用した。来年3月末までの予定でまだ工事中だが、ずいぶん広くなった。というよりまだ中はガランドウの感じ。国際線ターミナルは650億円をかけて西側に増築、床面積は2倍になった。航空会社のチェックインカウンターは47が74に、これまでのカウンターはAとBに、新たにCとDができた。出国審査場がこれらの間にあり、かなり歩くことになった。飛行機に乗り込むボーディングブリッジはこれまでの5か所が8か所に増えた。来年1月には8階建ての高級ホテルもオープンする。
スポンサーサイト



釧路湿原の日の出


DSCN3542trS

釧路湿原の日の出、10月31日、上が午前6時2分、下は4分後。

1111の湖

DSCN3973S
DSCN3924S_20191111170328d2c.jpg
DSCN3943S.jpg

韓国に行ってしばらく留守をしていました。帰国後も忙しく写真のアップができませんでした。この写真は本日11日の屈斜路湖、2枚目は11月6日夜、道北比布(ピップ)パーキングでの積雪、一番下は9日朝、わが家そばの初雪。雪はいずれも平年より遅い。
これから韓国のご報告を!



紅葉続報!


SDSCN3460.jpg
DSCN3478S.jpg
DSCN3491S.jpg
SDSCN3492.jpg
DSCN3497S.jpg
DSCN3499S.jpg
DSCN3498S.jpg

10月28日、川湯仁伏で。




屈斜路湖北岸を走る その2


DSCN3332S.jpg
DSCN3333S_201910261343070ff.jpg
DSCN3335S_20191026134308651.jpg

湖に注ぎ込む小さな川を2つ渡った地点で、林道は突然山側に向きを変えたあと、左に中島を見下ろすようにして高い位置を湖に並行して走る。湖畔の趣が変わった。道は相変わらずの凸凹。くぼみはゆっくりはまるように進むので時速20キロで走れる所は少ない。もうそろそろ終点だと思うが、なかなか終わりが見えない。ヒメマス釣りに来たと思われる札幌ナンバーの車があちこちのふくらみに停まっている。ここから湖畔まで急斜面を降りるのも大変だ。中島のいわゆる裏側を眺めながら少しうんざりしたころ、ようやくプリンスホテル近くの国道との合流点に出た。2時間半かかった。



FC2カウンター
プロフィール

kussharo

Author:kussharo
屈斜路湖(くっしゃろこ)を中心とした道東の魅力あふれる自然と生活を、主に写真でお伝えするブログ。発信者は2006年秋からここに住み始めた元記者の「ワニ」こと二日市 壮(ふつかいち そう)。韓国に12年間もいたので韓国関連も。